読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

gorokingのトランペット練習日記

トランペット練習について書いてます♪

練習日記141 順調って言ってたけど…

実は順調じゃなかった(笑)

バンドの練習で新アンブシュアを実践するとすぐ音が出なくなる。

ただ音出しの練習を続けて行けばいつかはキレイに鳴らせるようになるだろうと思って練習を続けること数カ月。

いっこうに変わる兆しはありません。

本格的に、何が原因かを真剣に考えてみた。

低い音を鳴らそうとするときに唇を緩めるのだが、その時に緩めすぎて

唇が開いてしまうのだ。調子が悪いのは多分そのせいだと思う。

吹き始めは意識して閉じてても、無意識のうちに開いてきちゃうんだよなあ。

しばらくはそこに的をしぼって検証してみます♪

 

練習日記140 そろそろ他の練習も

アンブシュアも順調です。

そろそろ他の練習もしなきゃということで先日のレッスンで教わった材料で音出し+、指使いの練習。

特に難しい1・3のポジションと、薬指を押したり離したりするポジションを、流れに乗ってスムーズに動かしたいところ。でその練習のためのフレーズ。

「ファ ミ ミ♭ レ♭ レ♮ ファ ラ♭ ファ ファ#」

・レ♭→レ♮

・レ♮→ファ

この部分が特に難易度が高い。

アンブシュアに慣れるための音出しの練習と、難しい指使いに慣れるための練習を同時に行います♪

 

 

 

練習日記139 正しいアンブシュア④

前回に引き続きアンブシュアの話。

11日のレッスンで再度チェックしてもらうも、やはり安定せず。

アンブシュアの形自体は問題なさそうなので、今度の宿題は

唇ぶるぶるプラス、楽器の音出し時の低音ばっかり鳴らすこと。

気持ちよく中音域・高音域を鳴らしているとすぐに調子悪くなるので、

低いドの下の音域、つまりチューニングB♭のオクターブ下のドよりも下。

毎日コツコツやってると、次のレッスンの時だいぶ良くなったと先生に言われました!

そして現在も調子良く、中・高音域を鳴らしていられる時間もだいぶ長くなりました♪

このアンブシュアでの音の精度UP、音域拡大も時間の問題ですね。あとは慣らしていくだけです!

アンブシュアについてさんざんあれこれと何年も悩み、いろいろと書き綴ってきましたが、やっと報われる日が来たようです。

来年はきっと、「音の調子が悪い」という概念が無くなり、いっそ演奏技術の研究に励む年となることでしょう♪

 

練習日記138 正しいアンブシュア③

日記

理想のアンブシュアを見つけたのは良いけど、安定して音が出ない…

前回考え方をまとめて、必要な圧力が作り出せていないというところまで来た。

圧力を意識して日々音出しの練習。数日たっても症状は変わらず。安定しない。

2週間後レッスンの時に再度先生に相談してみた。アンブシュアの見た目は申し分ない。

あとはどこか力んでるのか、意識し過ぎちゃってるのか、見た目以外の要素が原因だろうと予想。

もうひとつ考えられるのが、唇の摩擦。これができてない。

ひたすら唇をぶるぶるさせる宿題が出ました。ここ数日は楽器はほとんど鳴らさずずっと唇ぶるぶる(笑)

ふと昨日気が付いたのだが、高速ぶるぶるのときの上前歯は、下唇に触れているほうが安定してぶるぶるできる。

さらに続けて行くと、唇両脇とほっぺたが疲労してくるのか痛くなってくる。

この状態が気になって先生にメールで相談してみた。

「おそらくそれで合っています。唇両脇からあごにかけて痛くなるのは大正解です」とのこと。

基本的には歯が唇に触れてなければならないのに、知らぬ間に開いちゃってたんですねww

意識的に触れさせながら、ぶるぶるを続けて行きます♪

練習日記137 正しいアンブシュア②

日記

前回のブログから約3カ月が経過しました。現状はと言うと、良いです!

先週、伸び悩んでいて先生に相談しました。高い音も低い音もまったく安定しない。

調子が良い時のイメージを蓄積させようにも、調子のよいときすらなくなってきた。

見てもらったところ、音を出すための圧力が確保されていないとのこと。

なるほど。音圧がかかった音を出せるアンブシュアではあるが、必要な圧力がかかっていないのか。

圧力をかけるのは力を入れて吹くことに似てるけど、そもそも体内で作り出す圧力の考え方・概念がなかった。

高い圧力で吹き続けるのはそのうち慣れてくるだろうけど、まずは考え方をまとめる。

・以前の考え方

音が安定しない→唇がうまくふるえないから→ぶるぶるすれば→うまく鳴る?(うまく行ったことがない)

・最近の考え方

音が安定しない→必要な息の圧力が確保されていない→作り出す圧力が低い(その他、さまざまな要因)

極端な話、アンブシュアが多少特殊な形でも、必要な息の圧力があれば音は鳴るのです。

やっと理想のアンブシュア見つけられて、ラッパ上級者のスタートラインに立てた気分でありますw

証拠に、今までにない音圧でhighドが鳴ります♪

つづく

練習日記136 正しいアンブシュア

日記

先日のレッスンで先生が、いよいよアンブシュアの究極で簡単な教え方が分かりましたとのこと。

その方法でアンブシュアを作ると、納得。先生のアンブシュアと同じ見た目になる。

音の出かたは、チューニングB♭の上のミ・ソ辺りが楽に鳴らせる感じ。その上の音も苦しそうな音に聞こえず、

楽に鳴らせているように聞こえる。ただし、チューニングB♭と、その下の音がめちゃくちゃ鳴らしにくい。

きっとこの感覚が数年前に先生が言ってたやつだな。唇がうまく振るえてくると、低い音も出そうな感じ。

まだ演奏できるレベルではないので、レッスンや、バンド、本番は今までのアンブシュアで吹いている。

個人練習でのみ、新しいアンブシュアで練習しています。楽器ができない時は、ひたすら唇をぶるぶる

させています。このアンブシュアが整ってくれば、今度こそ本当に音を出す悩みから開放されますww

そんなわけで、音符を使った練習は今はしていません(笑)

真のアンブシュアを使いこなすまでは後数週間はかかるかなぁ?

乞うご期待です(人 •͈ᴗ•͈)

練習日記135 3和音

日記

コードを見たときに3和音を鳴らす練習をしています。

これが基本中の基本なのですが、これがうまく行くと、この先の練習がびっくりするほど

簡単に単純になっていきます。

結局覚えるという作業は、それはそれで大変なのですが、その範囲が劇的に「減る」ということなんです。

その域に到達すると、スケールの概念が無くなってきます(笑)

冗談のようですが本当の話なのです。

スクールの先生のおかげで、練習内容や覚えるべきこと、やるべきことがじょじょに簡略化されていっています。

3和音を鳴らす練習はデイリートレーニングとして続けて、その次の練習はコードをつなげる練習です。

ブルースの伴奏でやっていますがこれが結構おもしろいし、難しい♪